スポンサーサイト

2015.12.28 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    知っておきたい紳士服情報

    2015.12.28 Monday

    0
      幅広い体型で着こなせるレングスの長いジャケットやブレザーは要チェックのアイテム。とりわけチェスターフィールドコートは要チェックです。かちっとしたイメージのチェスターコートは長めのレングスと単純さが好印象。
      ベーシックな組み合わせは幅広いシチュエーションで有用ですし、チノパンやデニムなど幅広いボトムスで素敵に着こなせるので活躍してくれますよ。穿くものを変えるだけでもかなり印象が変化します。
      今日ではスーツの上に親しみやすいコートを着ている人もよく見かけるようになりましたが、ほとんどそうしたコートはタイトなフォルムで、ジャケットの代わりに着用することを考えて仕立てられています。
      付けたり外したりができる裏地になっているケースもあります。これをライナーと呼びますが、アウターを探している時には見逃せないポイントですよね。着脱自在なので、夏の暑い時期以外、ロングシーズンで活用できるので重宝します。
      ファッションアイテムを通販で購入する時に、失敗してしまったというようなことも珍しくありません。この手で触ることができないため、買うのに不安を感じると感じる人は少なくありません。それでも一度利用すれば使いやすさに止められなくなるかも。
      動きやすい服もアイビースタイルには意外とたくさんあります。だからといって着崩し過ぎるとあまりエレガントさのない、プレッピースタイル寄りのコーディネートになってしまうので意識しておきましょう。
      男性的な雰囲気を持つガンクラブ・チェックには女性っぽい商品をアクセントとして使うのがオススメです。こうすることでいつもの服装にも付け足しやすい。例を挙げると皮革調のボタンなどはまとまりのあるコーデになります。
      本物の革は使っている内に独特の空気感が強化されていくのも楽しみの一つですよね。長く使い続けることで個性的な自分だけの色のニュアンスが作り上げられていきます。
      ウェアの原料の中でも一般的なのは綿ですよね。綿素材のメリットとしてよく知られているのは高い吸汗性。また、繊維の先端は丸く柔らかいので感触が良いのも優れた点です。
      着ている物にも妥協しないメンズにジャケットは不可欠。大人の男らしい雰囲気が素敵です。土台はシンプルで、裏地にほんの少しデザインが施されているとお洒落。
      袖口が細いリブになっているタイプのトップスは、手首を美しく見せてくれる効果もあるとされています。オーソドックスな袖口の洋服は2枚以上で身に付けるのに使うとコーデの完成度が上がります。
      スーツの上からまとう上着ではトレンチコートが基本です。しかし、トレンチコートを器用にコーディネートに取り入れるのは結構難易度が高いようです。ここは基本に従って最初は簡単にできるコーディネートから試してみましょう。
      綿はアルカリ性に耐性があり、水に浸かることでもっと強くなるため、洗濯ではアルカリ性の洗剤で洗うのに適しているのだとか。熱くても大丈夫なのでお湯を使って洗ったり、アイロン掛けは高温でしてもダメにはなりにくいです。
      ガンクラブチェック(二重弁慶格子)は千鳥格子柄と同様に、クラシックな雰囲気があるようです。しかし、女性らしいハウンドトゥースとは違ってガンクラブチェック(二重弁慶格子)はメンズの洋服でよく使われます。
      蝶ネクタイにきちんとしたシーンで着けるイメージがある人も、現在はバリエーションに富んでいて簡単に使えます。蝶ネクタイは以前は少し練習が必要だったので敬遠する人も多かったようです。